ロジカルアイの別注品製作事例

ロジカルアイの別注商品製作

別注商品を作成する際のポイント(材質・形状・特徴など)をご紹介いたします。

     

【1】代表的なフィルムの種類と使用例

フィルム名 製膜方法 ヒートシール性 使用例
主な特徴

LDPE(LLDPE)
(低密度ポリエチレン
(リニア低密度ポリエチレン))

インフレーション
(一部Tダイ)
  • 一般包装フィルム
  • ゴミ袋
  • ストレッチフィルム等
      
  • 比較的柔軟なフィルム。
  • シーラントとしてもよく使われる。
  • シール強度が高い。
  • シーラントの場合、夾雑物シール性がある。
       

HDPE
(高密度ポリエチレン)

インフレーション
(一部Tダイ)
  • 一般包装フィルム
  • レジ袋等
      
  • 耐熱、耐寒性に優れている。
  • 透明性が悪い。
  • フィルムに方向性があり、送り方向に裂けやすい。
  • 低密度ポリエチレンより薄膜で生産可能。
       

CPP(IPP)
(未延伸ポリプロピレン)

Tダイ
(インフレーション)
  • パンの包装
  • アパレル用袋
  • お菓子の包装(シーラントとして)
      
  • 比較的柔軟なフィルム。
  • 透明性に優れている。
  • シーラントとしてもよく使用される。
  • 耐寒衝撃強度が低い。
       

OPP
(二軸延伸ポリプロピレン)

Tダイ ×
  • あられや干物などの包装
  • 野菜の包装
  • DMなどのフィルム封筒
  • 贈答品等のラッピング
      
  • 透明性に優れている。
  • 防湿性に優れている。
  • 引張強度が高い。
  • コシがある。
       

PET
(ポリエステル)

Tダイ ×
  • 養生用
  • お茶袋
  • 漬物の包装
      
  • 保香性、耐熱性、耐薬品性に優れている。
  • 引張強度が高い。
  • コシがある。
       

ONY
(ナイロン)

Tダイ
(インフレーション)
×
  • 真空・脱気用袋(漬物・こんにゃく・冷食など)
  • 樹脂原料用袋
      
  • ガスバリア性、耐ピンホール性に優れている。
  • 吸湿性がある。(吸湿するとカールする)
  • 突き刺し強度が高い。
  • 耐摩耗性に優れている。
  • 耐溶剤性に優れている。(酸には比較的弱い)
  • 耐熱・耐寒性に優れている。
       

【2】フィルム・袋の形状

シート

紙管巻きシート

片開きシート

片開きシート

チューブ

チューブ

カットシート

カットシート

平袋

平袋

ガゼット袋

ガゼット袋

角底袋

角底袋

サイドシール袋

サイドシール袋

三方シール袋

三方シール袋

チャック付袋

チャック付袋

ヘッダー付袋

ヘッダー付袋

巾着袋

巾着袋

丸底袋

丸底袋

Xシール袋

Xシール袋

玉シール袋

玉シール袋

底Rシール袋

底Rシール袋

【1】ラベルの表面原紙を選定

種類 特長
上質紙 一番安価な原紙。カラーもあり。
アート紙 上質紙の表面を平滑にしたもの。
ミラコート 顔料を上質紙の表面にコートして、光沢のある表面に仕上げたもの。
サーマル紙 熱で黒くなる。2~3ヵ月で全体が黒くなるので、ライフサイクルの短い物に使用する。インクリボンは不要。
合成紙(ユボ) PPをベースに紙のようにしたもの。
テトロン(透明) PET。各種の耐久性に優れる。透明タイプ。50μ、25μが多く使われる。
ネーマ(金・銀・白) PETフィルムにアルミを蒸着したもの。
塩ビ 耐久性に優れる。
PP ラミネート用途。
ホイル紙 紙の上に金、銀のホイルを貼り合わせる。
訂正用 グレーの非透明糊を使用し、下地を目隠しする。
改ざん防止 一度剥がすと被着体に糊が残り、開封したことが一目で分かる。

【2】ラベルの糊を選定

種類 特長
一般タイプ 一般的な用途。
強粘着タイプ 強い粘着力。後で剥がすことのない目的に使用。
砥石用タイプ 強粘着よりさらに強い粘着力。貼り付きにくい被着体に使用。
弱粘着タイプ 弱い接着力。一定期間後に剥がす目的に使用。
再剥離タイプ 何度も貼ってはがせる。仮貼り目的に使用。
冷食タイプ 低温化で強い接着力を発揮。べたついた糊。プラスチックに良くつく。
【3】仕上げ方法を選定

シート仕上

■シート仕上げ

セパレートの上にハーフカットしたラベルが並んでいる一般的な仕上げ。

トムソン抜き

■トムソン抜き

ラベルとセパレートが同サイズ。オフセット平板印刷ではこの形。

ロール仕上げ

■ロール仕上げ

主にプリンター、剥離機、ラベラー用

タックフォーム仕上げ

■タックフォーム仕上げ(ビジネスフォーム)

ドットプリンターで使用。

断裁仕上げ

■断裁仕上げ

ラベルとセパレートが同サイズ。

折り仕上げ

■折り仕上げ

ラベル間にミシン目を入れ、つづら折りにしたもの。

【1】各種粘着剤の特性比較

形態 溶剤型 エマルジョン型 ホットメルト型
種類 ゴム系 アクリル系 アクリル系 SIS系
タック
粘着力
凝集力 -○
耐水性
耐熱性 ×
耐候性 ×
耐溶剤性 ×
耐寒性

【2】粘着テープの試験方法

テープ性能表示

テープ性能表示は、一定の条件で試験された製品評価です。使用目的、使用条件などのご参考にしてください。

テープ厚み、基材厚み

■テープ厚み/基材厚み

テープの厚みは基材と粘着材の厚みを加えたものです。基材の厚みは同一の基材で比較した場合、厚いほど引張強度が強いということになります。

粘着力

■粘着力

ステンレス板にテープを貼り付け、180°に折り返すかまたは直角に剥して、どれくらいの力に耐えられるかをテストする方法で、数値が大きいほど粘着力が強いことを示します。

引張強度

■引張強度

テープを引っ張り、切断した時の力を測定したのが引張強度です。数値が大きいほど、強度が高いといえます。

伸度

■伸度

テープの長さ方向に引っ張り、曲面、凹凸面に順応する能力を評価するものです。数値は%で表示。つまり150%とあれば、1mのテープが1.5mまで伸びるということです。

タック

■タック

粘着剤の表面に一定の荷重を瞬間的に加えた時の粘着力のことです。試験方法は、30°の傾きをつけた台の上から1/32インチから2インチまでの直径の鋼球を転がし、テープの上で止まる最大の鋼球でその粘着力をみます。ボールが大きいほど初期粘着力が強いということになります。

展開力

■展開力

1分間に60mのスピードでテープを展開した時の引張荷重を表すもので、数値が低いほど展開巻き出しの軽いテープということになります。

保持力

■保持力

ステンレス板にテープを貼り垂直に下げ、テープに1㎏の重りをつけて2時間後にズレた長さを測ります。数値が小さいほどズレに強く、反発力のあるダンボールなどでもしっかりと封緘することができます。

【1】構造

  段の高さ(mm)

Aフルート

4.5~4.8 ダンボール断面

Cフルート

3.4~3.7 ダンボール断面

Bフルート

2.4~2.7 ダンボール断面

Eフルート

1.1~1.6 ダンボール断面

ABフルート

(Wフルート)
Aフルート+Bフルート ダンボール断面
【2】ライナー
C5 C6 K5 K6 K7
160g/m² 200g/m² 180g/m² 210g/m² 280g/m²
弱い 強い

Cは古紙が多く含まれ、Kはバージンバルブが多く含まれます。

【3】中芯
C5 C6 K5 K6 K7
120g/m² 160g/m² 180g/m² 180g強化/m² 200g強化/m²
弱い 強い

Cは古紙が多く含まれ、Kはバージンバルブが多く含まれます。

【4】ダンボールの形状

ダンボール形状図

【1】真空成型トレーシートの特徴

PET

[長所]

  • 透明性に優れている。
  • 規格材料が多く、調達しやすい。
  • 成型後の収縮が小さいため寸法精度が出しやすい。
  • 板材に印刷し、成型が可能。

[短所]

  • 加熱しすぎると白化する。
  • 材料が伸びにくい為、細い形状の成形性が悪い。
  • 傷がつきやすい。
  • 耐熱温度が比較的低い。(軟化温度約60~70度)。
比重 成型収縮 耐熱温度 透明性 着色
1.34 3~4/1000 60~70
導電 帯電防止 成形性 リサイクル
練り込みもしくはプリント 練り込み

PS

[長所]

  • 成形性が良い。
  • 成型後の収縮が小さいため寸法精度が出しやすい。
  • コシが強い。
  • コシが強いので薄膜化できる。

[短所]

  • 割れやすい。
  • 溶剤に弱い。
  • 透明性が悪い。
比重 成型収縮 耐熱温度 透明性 着色
1.06 8~10/1000 70~90
導電 帯電防止 成形性 リサイクル
練り込みもしくはプリント 練り込みもしくは塗布

PP

[長所]

  • 成形性が良い。
  • 割れにくい。
  • 耐熱温度が比較的高い。(軟化温度約100~120度)
  • 薬品に強い。※薬品の種類によります。

[短所]

  • コシがない。
  • 成型後の収縮が大きいため寸法精度が出しづらい。
  • 反りやすい。
  • 偏肉がでやすい。
比重 成型収縮 耐熱温度 透明性 着色
0.91 18~30/1000 100~120 ×
導電 帯電防止 成形性 リサイクル
練り込みもしくはプリント 練り込みもしくは塗布
【2】真空成型の成型方法

真空成型の成型方法

【1】部品をお預かりします。

別注物流機器

■ヒアリング項目

  • 品名
  • 部品の素材(金属、メッキ、塗装、樹脂、ガラス、アクリル、ゴム等)、重量
  • 要求物性(こすれ、衝撃、変形、防塵、結露、防錆等)
  • 部品の重要箇所(傷付きやすい部位、変形しやすい部位)
  • 1WAY、通い箱
  • 作業性(入れやすさ、出しやすさ、運びやすさ)
  • 入り数の希望
  • 数量(ロット)
  • 部品の洗浄、マシンオイル、溶剤、熱処理
  • 外箱寸法(ダンボール、コンテナ、ブラダンケース)

【2】図面作成します。

[内材]

図面内材

■内材製作のポイント

  • 材料を少なく安価に。
  • 入り数を多く。
  • 組立てやすく。
  • 入れやすく。
  • 取り出しやすく。

[外箱]

図面外箱

■外箱製作のポイント

  • フレーム(プラスチック、アルミ)
  • コーナー(段積みするか?)
  • 取っ手
  • カード差し
  • 印刷
  • 内貼り

【3】試作提出。輸送テスト

試作品をご提出し、作業性・輸送品質の評価をおこないます。

[内材]

試作内材

[外箱]

試作外箱

【4】量産

通い箱量産